2012年04月30日

Lionから使える日本語テキスト読み上げ音声「Kyoko」さん

Lionのテキスト読み上げ機能には、日本語音声の機能もついていたらしい。
但し、日本語データベースは改めてダウンロードする必要があった(無料)

使い方:「システム環境設定」>「スピーチ」>「システムの声」から「カスタマイズ」をクリック、「Kyoko」にチェックを入れ、音声データをダウンロード。
読ませ方:(デフォルトでは)テキストを選択し、Option+Esc


全然アナウンスされてない機能なので、あまり期待しないで試してみたけど、思いのほかちゃんと喋ってくれる。
イントネーションとかには多少違和感はありますし、特に人名や名称などは読み間違いも多いけど、前後の文脈から推定可能な漢字の部分は、ほぼ間違いなく読んでくれる。句読点ではタメもいれてくれて自然な感じに読んでくれるし。
それに、ショートカットキーを押すだけで喋ってくれるというのも、敷居が軽くて良い。

残念ながら商用利用は不可で、個人使用に限られるようだ。
ナレーションソフトというのはそれなりの需要があると思うんだけど、商用利用が不可のものが多いですね。数万円の値段であっても商用可なら喜んで購入するのだけど。でもまあ、そんなソフトが出回ったらナレーターさんの仕事も無くなっちゃうしなあ。難しいところで。



Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog_b/
posted by mac at 02:19| 日記

2011年11月15日

スティーブ・ジョブズ

jobs.png


アップルが新製品を発表する際には、色々な噂が出回る。胡散臭くネタっぽいものから、信憑性が高そうなものまで。リークっぽい情報が出たとしても、アップル本社のコントロール下におかれているような安定した「噂」だ。マニアックなコンピュータであった頃から、世界中から注目を集める現代になっても。それがあるから我々は安心して発表会を待ち、新製品を楽しみにしてきたとも言える。2011年の8月までは。

そして先日のiPhone4S発表の時、その情報管理の適当さに吃驚した。アップル公式や携帯キャリアなどから、ミスとしか思えない情報の漏れがいくつかあった。漏れたと言う事実よりも「美しくない所作」に腹が立った。
ジョブズがアップル社のCEOを退いたのは8月24日だが、本当にアップル社が変わってしまったと実感したのは、そのiPhone4S騒動の時だ。ここまで築いてきたアップル社の美学が、一人の男がCEOという地位から去った事で、箍が緩んでしまったような寂しさを感じた。

そして10月5日、スティーブ・ジョブズ死去。
心よりご冥福をお祈りします。

もちろん私はジョブズに会った事も面識も、広い会場で基調講演を聞いた事すら無い。それでも親しい人を無くしたような悲しみを感じている。そしてそれは世界中の膨大な人々が、いま感じている事だ。

全てではないけれど、アップルの製品はジョブズの意向を受けて作られたものだ。最近の商品は特にジョブズの影響を受けている。彼の美学と哲学で創られた物と言ってもいい。OSからインターフェイス、プロダクトデザインにパッケージング、説明書の順番から世界中のアップルストアのインテリアまで。
毎日の業務で使うアップルのコンピュータ、音楽を聴くiPod、コミュニケーションツールのiPhone/ipodTouch。日々の暮らしの中、今やありふれたツールを使う事で、我々はジョブズの美意識を受け止めてきたんだと思う。それで、世界中の人々が悲しみを感じているのだと思う。

以前iPadのiOSをアップデートしたとき、横のスライドスイッチの機能が「画面の向きをロック」から「消音」に変わっていて、その時は閉口した。。使い馴れた機能を何故変えるのか?ということに。それと同時に、過去に(アップル社の)自分たちが設定したことですら、これからのユーザーにとって使い易いもの/機能的なもの/正しいものであれば、躊躇無く変更するんだな、とも思った。
後に設定でロック/消音が選べるようになったので、この決定がどういう意味を持つのかは良く分からない。ただ「Think different」があらゆるものに、過去の自分たちにまで適用したんだなと思った。ジョブズは、信念を貫けた人だと思う。



8月24日のCEO退任のニュースが流れたとき、アップルの株価は大きく下落した。そりゃそうだ、もし私も株を所有してたら躊躇無く売る。全ての決定権とその資格を持つジョブズが引っ張ってきたアップル社。そのカリスマが消えた会社がどうなるのか。

だからこそ、アップルの社員に奮起して欲しいとも思う。

魅力の無い商品を出したら、世界中のファンから叩かれるだろう。ジョブズが株式時価総額を世界最高額に育てた会社だ、株主の圧力だって想像を絶するだろう。そして巨大すぎるカリスマの重圧。
困難な道だと思う。ベンチャーで0からスタートした方がましかもしれない。それであっても、これからも「アップルらしい商品」を出して欲しいと切に願う。



クレージーな人たちがいる。
反逆者、厄介者と呼ばれる人たち。
四角い穴に丸い杭を打ち込むように
物事をまるで違う目で見る人たち
彼らは規則を嫌う。彼らは現状を肯定しない。
彼らの言葉に心をうたれる人がいる。
反対する人も、賞賛する人も、けなす人もいる。
しかし、彼らを無視することは、誰にも出来ない。
なぜなら、彼らは物事を変えたからだ。
彼らは人間を前進させた。
彼らはクレージーと言われるが
私たちは彼らを天才だと思う。

自分が世界を変えられると
本気で信じる人たちこそが
本当に世界を変えているのだから

Think different.

Here’s to the crazy ones. The misfits. The rebels. The troublemakers. The round pegs in the square holes. The ones who see things differently. They’re not fond of rules. And they have no respect for the status quo. You can quote them, disagree with them, glorify or vilify them. About the only thing you can’t do is ignore them. Because they change things. They push the human race forward. And while some may see them as the crazy ones, we see genius. Because the people who are crazy enough to think they can change the world, are the ones who do. - Apple Inc.
posted by mac at 05:15| 日記

2011年01月06日

RunKeeper Pro(1200円)が、2011年1月一杯無料

iPhone/iPodTouchのジョギング管理アプリRunKeeper Proが、2011年1月一杯無料なので試してみた。
RunKeeper Pro - FitnessKeeper, Inc.

http://runkeeper.com/
iPhoneであればGPSも含めた正確な距離で管理できるんだろうけど、あいにく私が持ってるのはGPSの付いてないiPodTouch。しかしwifiでのおおまかな位置検索も利用できるみたいなので、どれだけ役に立つか試してみる。
公園を二周するようなコースだと、かなり鋭角的で無理矢理なルートを走ったことにされる。。実際の距離よりも2倍近く長い距離になってるし。
これは公園周辺でwifiを設置してる環境の位置情報から導きだされたものなので、やむを得ないですね。例えば川沿いを一方の方向に延々と走るだけなら(もしくは往復程度なら)wifiの位置情報だけでもそれなりに正確になるかもしれない。
でもアプリ内で音楽の再生も可能だし、五分ごとに経過時間等もアナウンスしてくれる。さらにはweb上で走行時間等の記録を管理できるので、iPodTouchでもそこそこ楽しめるアプリです。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog_b/



posted by mac at 23:44| 日記

2010年03月28日

連結できるUSBポート Infinite USB

USB


http://www.fubiz.net/2010/03/24/infinite-usb/
連結できるように個別にポートがついたUSB。単純なアイデアながらも、ひょっとしたら将来のUSBは全部これに置き換わるんじゃないか?と思うほど素晴らしい。
あえてデメリットを上げると、おそらく一個一個がUSBハブ的な構造だと思うんで、接続可能数には限界があるだろう事。まああまり長々とつなげるのも美しくないし。それと複数個つないだ時は中間のUSBの抜き差しが面倒くさい事くらいかな。
でも凄く良いプロダクト。まだコンセプトモデルだと思うけど、ぜひ実用化して欲しいです。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/
posted by mac at 15:04| 日記

2009年12月16日

Snow Leopardで、コマンド+スペース文字入力切り替え時に、黒いボックス表示を消す方法

Mac OS 10.6 Snow Leopardにアップグレードして、いつものように[コマンド+スペース]で英数とかな切り替えをしようとしたら黒いボックスが出てきてスムーズに行かない。

その解消法法
「システム環境設定」の「言語とテキスト」、一番左の「入力ソース」を選択。
「使用するプログラムの選択」で。一番下の方の「ことえり」、
ここで「カタカナ」のチェックを外す。

これで選択項目は「ひらがな」「かたかな」のみとなります。でも黒いボックスはまだ出ます。

続いて右側の「キーボードショートカット」で
「キーボードと文字入力」で、

●前の入力ソースを選択 command+スペース
●入力メニューの次のソースを選択 option+command+スペース

を下記のように入れ替えます(項目をダブルクリック後、キー入力)

●前の入力ソースを選択 option+command+スペース
●入力メニューの次のソースを選択 command+スペース


新機能だからデフォルトにしたいのかもしれませんが、今まで通りのことをデフォルトにしておいて欲しいものですよねえ。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/



posted by mac at 19:37| 日記

2009年12月06日

Mac OS X Snow Leopard、をやっとインストール



だいぶ前に購入済みだったけど、発売すぐにインストールするのは怖いので、今さらやっとこ導入。
発売して4ヶ月も経つんで、アップデータ発表されていて10.6.2になってました。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091110_327928.html
「Mac OS X 10.6.2」および「Security Update 2009-006」のセキュリティ修正について説明した文書によると、QuickTimeやSpotlight、IPSec、AFPクライアントなど、合計43項目の脆弱性がリストアップされている。

Rosettaが必要な古いソフトを起動する際にはダウンロードする必要がありましたが、それ以外は特に不具合も無く動いています。Safariの安定感がちょっとだけ増した印象。Dashboard安定して高速表示されてるかな。
動作は、それほど速くなった感じはしませんねえ。マックも安くなってきてますんで、そろそろハードの導入を考えても良い頃合いかもしれません。
基本的には正常進化と言いますか、安定性を増す事を最優先としたアップデートだと思いますので、効果といいますか恩恵は、使う事で徐々に理解できて行くのかもしれません。





さらに進化。より高速に。もっと簡単に。
Snow Leopardが、Mac体験のすべてを向上させます。小さなところから大きなところまで、より速く、もっと信頼性が高く、さらに使いやすくなりました。
Dockから直接Exposeを起動。
スリープ解除、システム終了、ワイヤレスネットワークへの接続がこれまで以上に高速になりました。
インストールもより高速になり、6GBのディスクスペースを節約できます。
iChatからプレビューまでの全てにわたる洗練と進化をお楽しみください。

次世代テクノロジー
Snow Leopardの新しいコアテクノロジーの数々が、最先端のハードウェアのパワーを解き放ち、Mac OS Xに来るべきイノベーションをもたらします。
64ビットのサポート、大きなステップアップをMacに。キーとなるすべてのシステムアプリケーションが、64ビットで作動するようになりました。Macに搭載されているメモリの全てを活用できます。
Grand Central Dispatch、マルチコアプロセッサを最大限に活用する革新的な方法です。
OpenCL、グラフィックスプロセッサの真の力を解放し、アプリケーションのパフォーマンスを加速させる、新しいテクノロジー。

QuickTime X
今日のメディアとインターネット標準を凌駕するさらに押し進める最新の次世代メディアプレイヤーとして、新しいコアテクノロジーをもとに作られました。
QuickTime Playerではビデオをクリーンで整頓されたインターフェイスで。
Mac内蔵のiSight カメラやマイクを使えばオーディオやビデオの記録が可能。
メディアを思い通りの長さにトリミング。
MobileMeやYouTubeで自作メディアを公開するのも簡単。

箱から出した瞬間から、Microsoft Exchangeをすぐにサポート
Mac OS X Snow Leopardは、最新版のMicrosoft Exchange Serverをサポートします。Windowsパソコンも備えていない機能です。
自宅でも会社でも、Macと、Macのお気に入りの機能、アプリケーションを使い、すべてのメール、スケジュール、連絡先を一ヶ所にまとめられます。
ExchangeのAutodiscovery機能を使えば設定も簡単です。
Mail、iCalやアドレスブックを使って仕事のメール、カレンダー、グローバルアドレス一覧 (GAL) や個人アカウントにアクセスできます。
Spotlight、Quick Look、データ検出などMac OS Xのパワフルな機能を活用してできます。

Safari 4
驚きのスピードを誇るアップルのWebブラウザの最新バージョン。JavaScriptのパフォーマンスが最大で50%高速になりました。クラッシュにもこれまで以上に強くなりました。
Top Sitesからお気に入りのWebサイトを表示するのもあっという間。アップデートされたサイトを確認してワンクリックでアクセスできます。
検索ワードの入力を始めると内蔵のGoogle Suggestが候補を表示します。
iTunesでアルバムアートをめくるのと同じように、閲覧履歴からフルページのプレビューをめくることができます。

ユニバーサルアクセス
すべてのMacには、障がいのある方でもMacを活用していただくための、補助技術が装備されています。Snow Leopardの数々のイノベーションが、アクセシビリティを格段に向上させます。
マルチタッチトラックパッドのジェスチャーを使ってMacをコントロールできます。トラックパッドを指で横切ればユーザが触れている項目をVoiceOver が読み上げるので、画面上の項目がどのように並んでいるか確認できます。(注:英語のみサポート)
買ったその日から点字ディスプレイが使えます。Snow Leopardには、ワイヤレスのBluetoothディスプレイなど、40を超えるモデルの最新のドライバが搭載されています。(注:英語のみサポート)
新しいアクセシビリティ機能によりWebブラウジングがより簡単に、より速く、そしてより楽しくなります。




Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/
posted by mac at 03:36| 日記

2009年08月15日

パソコンを買う

ビックカメラにパソコンを買いに行く。自分のではなくて友人のだけど。

そもそも買い物は苦手だ。特に高いもの(諭吉さんを超える額)はかなり真剣に悲観的に必要か否か何度も自問自答して神経を衰弱させてやっと買うほどの小心者。

しかし人の金での買い物は、なんと気楽な事だろう。商品の選択からオプションの有無まで好き勝手に意見を述べて通し、光回線のご褒美商品券については後だし規定に文句を並べて全額もらえる事とし、ビックカメラのポイントがつかない事(デル直販のブースだったらしい)に憤慨するも、ビックさんの売り場での同等商品の値段を確認してきて「販売価格的に止む無し」の判定をする。買い物はいかにも楽しいものだったのだ、それは自分のものになるかどうかは問題ではないのだ。買い物中毒の人の心がちょっと分かる気がした、自分の財布だったら絶対こうは行かない。

ちなみに私は基本マックユーザーなので、ウインドーのことは良く知らん。一応一台ウインドーも持ってるが、制作したウエブの動作確認用なので、用事が終わったらとっとと消す。
現在のウインドーOS、販売されているものにはVISTAという失敗OSがインストールされてるらしく、いちおうXPインストールに変えることもできるが+7,500円も取られるらしい。ダウングレードに金を取るということに釈然としないもXPを当然選択。さらにまもなく7というのが出るらしい。これにはXPエミュレーション?という機能がつくらしいが、CPUの選択に制限があるらしく、その機能を使うには+8,000円くらいかかるらしのだが、あこぎ過ぎて拒否。あとで後悔するかもしれんが。



Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/
posted by mac at 04:15| 日記

2008年06月07日

Mac OS X 10.5.3 Update

f1c4a026.jpgセキュリティ向上とのことなので、Mac OS X 10.5.3 にアップデートする。
http://www.apple.com/jp/ftp-info/reference/macosx1053comboupdate.html

しかし、なんか以前よりも調子が悪くなったような。
(OSXでは)生涯で数回しか見ていない「再起動しろ」が本日だけで二回も出たし。
なんとなくSafariとの相性が悪いような感じ。

以前のバージョンに落としたいくらいだが、
もうちょっと様子見てみましょう。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

posted by mac at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月24日

新Mac OS X Leopard

fc04edbb.png発売から数ヶ月達、もう安定してるだろうと考えMac OS X Leopardを購入。
http://www.apple.com/jp/macosx/features/

まだ新機能や操作の確認中ですが、全体的に素晴らしいですな、パソコン全体が新しくなったような快適さ。

Dashboardに普段巡回してるサイトのWebクリップを貼っておくと、全てが一瞥で確認できてニュースやら天気予報やらの情報確認が楽になりました。


MacBookでは動作が遅くなるかなあ、と思ったけど今のところ快適。ことえりのバカっぷりは相変わらずだけどw






Mac OS X v10.5 Leopard(レパード)は、発表当初は2007年春のリリースを目指して開発されていたが、2007年4月12日 (現地時間) に、6月発売のiPhoneプロジェクトへ一時的に開発リソースを集中させる目的でリリース延期が表明され、2007年10月26日に発売された[4]。このバージョンからUniversal Binaryとなり、メディアが2層DVD-ROM 1枚になった。2006年8月7日 Worldwide Developers Conference にて機能の一部が発表されている。64bitに対応したCocoa、容易なプログラミングでアニメーションを実現する「Core Animation」、Core Data 2.0、解像度非依存のユーザインターフェイス、仮想デスクトップ環境「Spaces」、バックアップツール「Time Machine」、Windows XPまたはWindows Vistaとのデュアルブート環境を実現する「Boot Camp」、改良強化されたSpotlight、Dashboardウィジェットを容易に作成できるDashcodeなど多数の機能が搭載される。2007年6月11日 、WWDC(Worldwide Developers Conference)の基調講演で、新しいFinderとDock、Quick Lookが披露された。JIS X 0213:2004対応フォント搭載。Tigerまでは搭載されていたレガシーな機能が排除されたのも特徴であり、Classic環境が利用できなくなった。

デスクトップ
外観を一新したLeopardでは、お気に入りの写真をデスクトップピクチャに使えます。思い通りにファイルを整理できる新しいStacksが、すっきりとした美しい作業環境を実現します。

Finder
Cover Flowで音楽をブラウズするように、ファイルをブラウズ。

Quick Look
ファイルの表示、再生、内容の確認は、ファイルを開かずにどうぞ。

Time Machine
指定した日のシステムのスナップショットを確認し、ワンクリックでファイルを復元。さらに詳しく


Mail
パーソナライズされたステーショナリでemailを送る。メモやiCalとの同期が可能なTo Doアイテムも作成できます。

iChat
エフェクトや背景でビデオチャットを演出。プレゼンテーションもこなし、テキストチャット機能も充実。


Spaces
最大16個のスペースを作成して、作業環境を整理整頓。


Safari
新機能の追加で、さらにスピードアップ。ベータ版をダウンロードできます。さらに詳しく

Parental Controls
子供たちのMac体験を、いっそう楽しく安全にします。

Boot Camp
さらに速く簡単に、MacでWindowsを使えるようになりました。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://blog.blackdesign.jp/

posted by mac at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月02日

次のマック

3a7f0a01.jpg未だにG4+OS9+イラレ8、という環境も継続使用中(てゆか今でも一番信頼できる組み合わせ)なのだけど、古い環境の使用は不安なので、徐々にMacBookBlack+OSX+AdobeCS3へと移行中。これはこれで非常に快適なのだけど、ノートブックをメイン機にするのは非常に不安なので、どこかのタイミングでMacProの購入を真剣に検討中。

新品を買うと、

MacPro
2 x 2.8GHz Quad-Core Intel Xeon
4GB (4 x 1GB)
500GB 7,200rpm シリアルATA 3Gb/s
ATI Radeon HD 2600 XT 256MB GDDR3
1 x SuperDrive
Apple Mighty Mouse
Apple Keyboard (JIS)

で¥426,030だ。うーむ、iMac新品が二台買えるな。

メイン機に求めるのは、信頼性、メモリ量、intel CPU(ソフトの関係で)そしてお値段なので、最新機種であるとか最速であるのかは最優先の項目でもないのだよねえ。
そこでソフマップに中古を見に行く。2世代前のデュアルコアで、メモリ5.6Gb、30万円弱。うーむ。

新品のデスクトップマックのラインナップで、MacProと一つ下の間のレベルが空き過ぎのような気がしますわ。大昔で言えば9500(バカ高いタワー型)と7600(まあまあ廉価で拡張性もあり、そんなに遅くない)みたいな感じで。

miniは選択肢として微妙だよな、メモリ2Gしか詰めないし、拡張性はなし。しかしProのお値段で4台買えるというのは素晴らしいが。

Pro 中級機種 mini のラインナップとし、
メモリ4G積めて、まあまあの速さのCPUで、内蔵ハードディスクが一台くらい増設できて、カードが2〜3枚差せるよなマックが欲しいです。


Black design
http://www.blackdesign.jp
http://blog.blackdesign.jp/

posted by mac at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記